京都・祇園や大阪の風俗求人の面接の実態を探れ!

SITEMAP

浜辺に座る女性

関西京都・祇園の風俗面接の実態を探れ!

関西の大阪や京都の風俗求人の面接のイメージってどんなものをもっていますか?
男性スタッフの前で裸になって、じろじろ見られる…そんな想像をしている女の子は少なくないはずです。
実際はどんな雰囲気で、どんな質問をされるんでしょうか?
事務所での面接の場合、お店の店長かスタッフとふたりきりで行われます。
裸になどなる必要はもちろんありません。
ソファで出されたお茶を飲んで、緊張をほぐしてくださいね。
聞かれる質問はお店によって違いはありますが、一番多い質問は風俗経験の有無です。
まったくの初心者の女の子なら、どんなお仕事内容でどんな流れでするのかを簡単に説明します。
ここで気になるのはスタッフの性別ですよね。
大阪の風俗店に勤めるのは男性ばかりではありません。
最近では女性スタッフを必ず置いたお店もあるので、女性スタッフの面接の場合もありますよ。
不安なときは電話で聞いてみましょう。
もしかしたら、女性スタッフを用意してくれるかもしれません。
風俗求人の面接に1度行ったからといって、必ず働かなければいけないこともありませんよ。
祇園の風俗求人の「面接」というよりは「話を聞きに行く」、というような気軽なイメージで行ってみるといいかもしれません。
風俗面接は女の子の不安を払拭するための、説明会のようなものです。

[metaslider id=51]
彼女は厳格な家庭で育った。
小学校から女子高で、門限は高校生になるまで5時だった。
特に父親が嫌いだったらしく、すぐにでも家を出たかったのだそうだ。
高校三年生になって、彼女は周りの環境から大学を目指していた。
いや正確には目指すふりをしていたのだそうだ。
大学に行くつもりもさらさらなかったので、ふりだけしていたらしい。
そして彼女の計画通り、大学に全部落ちた段階で彼女は家を飛び出すことに
したのだそうだ。
その彼女、高校生のときから求人雑誌をみていたのだそうだ。
そこに、高収入と書いていた某地方都市の面接に向かった。
しかし、彼女はその仕事の内容は知らなかった。
ただ、高収入を目指して探していて見つけたのがミナミの風俗求人だったのである。
家を出て一人暮らしで生計をたてるためには、高収入の方がいい。
その一点で彼女は大阪のミナミでセクキャバ嬢になったのである。
ちなみに彼女はその時点では、処女だった。
なんとかごまかし、最初のお客さんで処女喪失。
それから、彼女は生活と贅沢のために、ミナミでパンツを脱ぎ続けた。
その彼女、さすがに年齢から指名が落ちてきたらしい。
パンツを脱ぐ仕事は自信はあるが、それ以外の仕事は全くやったことないのである。
そこで、最近は贅沢を辞めて、そのお金で専門学校に通って、手に職をつけようとしている。

ピンクサロンの風俗求人


関西の大阪風俗のお仕事でお給料が良い物と言えば、ソープランドやデリヘルなどそこそこ充実したサービスが求められる業種をイメージする人が多いです。
しかし、最近はヘルスよりもソフトなサービスにもかかわらず、回転率の良さや男性からの人気度を踏まえるとピンクサロンやセクキャバの求人は意外と稼ぎやすい存在になってきました。
ピンクサロンでは30分程度の短時間のコースを選ぶお客さんが多いので、毎日たくさんのお客さんが来てくれることから非常に収入を得やすいです。
手コキやフェラなどソフトなサービスで良いので、ヘルスのようにたくさんのプレイを覚える必要も無いですし、体力的にもしんどくないので安心です。
ピンクサロンは全てのサービスが店舗内で行われるので、人の目が行き届いているので安全面の高さも魅力的です。
ピンクサロンでは男性がフィニッシュするともうお仕事は完了なので、フェラのテクニックを磨くようにすると非常に稼ぎやすくなります。
お客さんに良いテクニックを披露するとリピーターとして来てくれることも増えるので、ピンサロでは経験を積むごとにより有利になることも多いです。
ソフトなサービスで良いので大阪風俗で働いた経験がない人も安心ですし、体力的にも負担が少ないので女性に嬉しいお仕事です。

おすすめサイトはコチラ!


コスプレなどが好きなら難波で風俗バイトをしてみてはいかがでしょうか。そういったプレイが好みの男性客が多いので楽しく働けるのと思いますよ。

オナクラで働いてくなら難波の風俗求人しかない

私も職業が風俗嬢と言っていいのかわからないのですが、オナニークラブ、オナクラって呼ばれている店で働いています。
風俗だけは絶対に無理と思っていたのですが、ある時、目にした風俗求人で男のオナニーを見るだけで普通のバイトの倍以上のお金が稼ぐことが出来るということを知り、ただ見るだけでお金がもらえるなら別に風俗もありかなと思って少し調べてみることにしました。

調べてみると、オナクラは男のオナニーを手で手伝ったりフェラをしたり、一緒にオナニーをしたりするということもあるようでそれならやっぱし無理と思ったのですが、店によっては本当に見るだけでもいいらしいと知ったので、最初に見た求人の店に話だけ聞きに行くことにしたのです。

そこで、話を聞いてみるとオプションを付ければより稼げるけど、ただ見るだけでも大丈夫だということで働き始めることにしたのです。

男のオナニーを見るのは初めてだったのですが、最初は本当に気持ち悪く表情に出てしまっていたのですがどうやらそうのような変態達にはそれが嬉しいらしく、それ以降正直に感想を述べ罵倒してやるととにかく男は喜び稼げるようになったので、楽しい仕事ではありませんが割のいい仕事だなと思えるようになりました。

年齢が気になる風俗嬢は京都のホテヘルの求人がおすすめ

風俗嬢をしているある女性は、苦労を抱えている。
彼女は、比較的体毛が濃いのである。
脇の毛はもちろん、陰毛も広範囲に広がっているらしい。
そのため、お客様のこともあって、出勤前日には、当然手入れをしなければならない。

そこで、彼女の一言。
「あそこの毛の手入れしている格好って本当になさけないと思う」
彼女はほぼ毎日手入れをかかさない。
そうでなければ、本当に出勤できないのだそうだ。
逆に、すっぴんの方がまだましということだ。

さて、そんな彼女、ちょっと剃りすぎてしまったことがあるらしい。
そうなると、形になるように手を入れる。
すると、だんだん面積は小さくなっていく。
結局あちこち手を入れているうちに、全部剃ってしまえと
パイパンになった。

しかし、そこからが大変だったのだそうだ。
しばらくはパイパンでいたのだが、どうも自分では気に入らないらしい。
そのため伸ばす努力をするのだが、チクチクしてたまらなかったそうだ。
毎日ちょこっとづつ手入れをして伸びるのを待っているのだが、
このチクチクを我慢するのが何よりも大変だったそうだ。

さて、その女性もそこそこ年齢が上がってきた。
しかし、風俗業を辞めるつもりはないらしい。
そこで彼女の新しい問題は、白髪が生えてきたらどうしようかと悩んでいる。
「もう、染めるしかないかも」
彼女はそこまでするらしい。


働きやすく稼ぎやすい天王寺風俗求人なら「むきたまご」がおすすめです。接客のお悩みなど女性スタッフが親身に相談にのってくれ、100%日給保証制度であなたの都合に合わせて保証をご用意してくれます。